窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

wowakaの死去 ヒトリエというバンド

このブログは「窓の外の日記」から移動させてきたものです。なので多少時系列がズレています。

 

朝起きてニュースを見ていたら驚くべきものが目に入りました。

 

ヒトリエのボーカル・ギター、wowakaが4月5日に亡くなったという記事でした。

享年31歳、死因は急性心不全のようです。

 

バンドマンの事故死・病死はときどき起こります。今年で言えば1月16日にFear, and Loathing in Las VegasのベーシストのKeiが、同様に急性心不全で亡くなっています。

 

CDのニューリリースやライブを楽しみにしているファンの方たちにとってはなかなかすぐには受け入れられない出来事だと思います。もちろん、バンドメンバーの方たちのショックは想像できません。

 

今回はこんな形での紹介で不本意にはなりますが、ヒトリエというバンドについて紹介していきたいと思います。

 

ヒトリエは2011年に活動を開始しました。

メンバーはwowakaのほかにギター: シノダ、ベース: イガラシ、ドラムス: ゆーまおの3人がいます。wowakaはボカロのプロデューサーでもあったようです。

 

僕は”センスレス・ワンダー"や"るらるら"、"サブリミナル・ワンステップ"でドはまりしました。

ボカロPでもあるというのも影響があると思いますが、特にギターサウンドには独特の雰囲気を感じました。"インパーフェクション"はいい意味で変態的です。

 

オフィシャルウェブサイトでは残された3人のwowakaに向けてのメッセージが公開されています。イガラシのメッセージの最後の部分は特に印象的でした。

 

「リーダーいつでも聞きにきてよ。 おれ明日もうまくなるよ。」

 

メンバーがお互いを信頼しあえていると思えました。

 

今回の1曲はどれにしようか迷いましたが、2016年発売の3rdアルバム『IKI』から、"リトルクライベイビー"を選びました。

 

ヒトリエ

"リトルクライベイビー"

https://www.youtube.com/watch?v=0dck7yF9UBY

 

「僕の生まれた

その朝に君の声を聞いて

誓ったんだ

君の生まれたこの世界ごと飲み干して

歌を唄い続けること」

 

例えばというと表現が悪いかもしれませんが、フジファブリックは正しくフロントマンを失ってからも続けてきたすごいバンドだと思います。

ヒトリエも解散せずに歩み続けてほしい限りです。

 

ご冥福をお祈りいたします。