窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

洋楽好きにも聞いてほしい DYGL

今日はDYGL(デイグロー)というバンドについてです。

 

タイトルにもある通り、洋楽好きにはたまらないようなバンドだと思います。

結成は2013年で、メンバーはボーカル・ギター: Nobuki Akiyama、ギター: Yosuke Shimonaka、ベース: Yotaro Kachi、ドラムス: Kohei Kamotoの4人で活動をしています。Ykiki Beatという現在活動休止中のバンドを知っている人はもうこのバンドを知っていることでしょう。

全員が日本人ですが、アメリカでも活動をしており、これからもっと日本でも海外でも人気になるだろうと思っています。

 

曲は英語で歌われていますが、この英語がまた流暢なんです。

イギリス人YouTuberのTwisted Helixという人が彼らのレビューをしていますが、そのイギリス英語で歌っているのを見て驚いています。

 

Arctic MonkeysThe Strokesなどのバンドが好きな人にはどストライクかなと思います。

先月YouTubeにアップされた"A Paper Dream"という曲はところどころに往年のアメリカのロックのようなサウンドが聞こえるような気がします。

"Don't Know Where It Is"という曲は皮肉を交えたクールな曲です。この曲がこのバンドを知るきっかけでした。

このバンドのコピーを高校の文化祭とかでやったらもう色々とすごいでしょうね。

 

今日の一曲は"Let It Sway"です。

 

DYGL

"Let It Sway"

https://www.youtube.com/watch?v=F_7z9JMvi4Y

 

"La la la we're having fun (楽しんでいる)

We're having gun yet the life gets harder (楽しんでいるのに人生は厳しくなってくる)

La la la we're living strange (おかしく生きている)

We're living strange in the days of our life (日々の中でおかしく生きている)"

 

僕にとっては印象的な歌詞の部分でした。

大学生・新社会人の方には共感する部分なんじゃないでしょうか?

たとえ楽観的に生きていけてもそこに待ち構える壁や不条理。

でもそんな中でも「好きにやらせてくれ」と自分の中の思いを見出させてくれるような歌詞だと個人的に感じました。

 

コメント・要望等お待ちしています。