窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

困惑するほどすごいバンド 女王蜂

今日は女王蜂というバンドについて紹介します。

 

知っている人も多いかもしれませんが、すごいバンドですよね。

2009年に結成され、現在のメンバーはボーカル: アヴちゃん、ベース: やしちゃん、ドラムス: ルリちゃん、ギター: ひばりくんの4人で活動しています。

 

一言で表せばどこにも属さないバンドでしょうか。とにかく特徴的なのはボーカル、アヴちゃんの歌声です。いわゆる両声を使い分けられる人で、女王蜂の唯一性を出しています。

メンバーの生まれた年、さらには生れた国も非公開になっています。これには年齢や国による先入観をなくして歌そのものを聞いてほしいという意図があるようです。

メンバーのファッションもしかり、アヴちゃんは「カッコいい」と「綺麗」の両方を兼ねそろえた存在です。

 

彼らの楽曲で一番衝撃を受けたのは『売春』という曲です。

MVでは男性側と女性側をアヴちゃんが演じて歌っています。最初これが同一人物だとは思いませんでした。

MVには歌詞も登場しますが、この歌詞、まるで大正時代の文豪の純文学を読んでいるかのような感覚に陥りました。心に沁み込むような、そんな感じです。

 

ただ、今日紹介したい一曲は『金星』という曲にしたいと思います。

 

女王蜂

『金星』

https://www.youtube.com/watch?v=Pe4uOhtUkmQ

 

この曲はポップな曲調で、歌詞にもあるように踊りたくなるような曲です。

『ヴィーナス』という曲もありますが、こちらはもっと艶めかしさがあります。

 

何とも形容しがたいバンドではありますが、「カリスマ性のある」バンドといえるでしょう。もし彼らが英語圏で生まれたのであれば、きっと今では世界的に有名なバンドになっていたと思います。(僕個人の想像です)

ただ最近ではアニメの『東京喰種 Re:』や『どろろ』とタイアップをしたり、映画『貞子』の主題歌に選ばれるなど、さらに知名度を上げて行ってきていると思います。今後の活動に期待です。

 

ちょっと今回はうまくまとめるのが難しく、表現に無理があるかもしれませんが、お許しください。

 

コメント・要望等お待ちしています。