窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

新しいMV『夜想曲』も公開されたので… tetoはアツい 彼らをまだ知らなくても「今日の一曲」は騙されたと思って聞いてほしいです

今日2019年4月18日にtetoが新曲"夜想曲"を公開したので、今日はtetoについて紹介していきたいと思います。

 

tetoは2016年に結成されたバンドで、比較的新しいバンドです。

メンバーはボーカル・ギター: 小池貞利、ギター: 山崎陸、ベース: 佐藤健一郎、ドラムス: 福田裕介の4人です。

 

彼らのことを知っている人はやっぱり彼らのアツさに魅せられていることでしょう。

あと、「いらっしゃいませ、満タンですか」

 

彼らの中でも古い曲である"Pain Pain Pain"、MVのアニメーションが謎に頭に残る"奴隷の唄"は疾走感がある楽曲です。

 

今回は前段の説明を短くして(いつも大してしっかりした内容はかけていないかもしれませんが)、今日の一曲は特に僕の中で印象に残っている"拝啓"という曲にしたいと思います。

 

teto

"拝啓"

https://www.youtube.com/watch?v=588QHYk7YUA

 

とにかくエネルギッシュで、命を燃やしているかのようなアツさを感じます。

中でも印象的なのが歌詞の最後のパートです。

 

「拝啓 今まで出会えた人たちへ

刹那的な生き方、眩しさなど求めていないから

浅くていいから息をし続けてくれないか」

 

これを聞いたときに感動すら覚えたぐらいです。

「今まで出会えて来た人」への思いやり・感謝などが込められているように思いました。

自分も友人や家族、出会った人にこんなことが言えるでしょうか?

僕はまだこれを自然に言えるほど立派な人間ではないと思いましたし、こうありたいとも思えました。

tetoの曲でしばしば登場する言葉遊び的な歌詞も登場します。

 

コメント・要望・★など、お待ちしています。