窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

・[ALEXANDROS]じゃないんです、[Champagne]が良かったんです…

こんなことを書くと「古参ぶりやがって」だとか「何もわかってない」とか言われそうでちょっと不安です。

ただもうこれは個人の感覚に依存するので、一意見として見てもらえればと思います。

 

[ALEXANDROS]。もうすっかり日本では有名なバンドの仲間入りをしていると思います。現メンバーはボーカル・ギター: 川上洋平、ギター: 白井眞輝、ベース: 磯部寛之、ドラムス: 庄村聡泰の4人です。

 

初めて聞いた曲は"言え"だったのですが、とにかくカッコいいという印象を受けたのを覚えています。3rdアルバム『Schwarzenegger』は発売されてすぐに買いに行きました。1st, 2nd, 3rdアルバムの曲は何回聞いたかわかりません。Live+MV集のDVDも買いました。

 

[Champagne]だったころ、ミュージックステーションで”starrrrrrr"が歌われたとき、それはもう嬉しかったです。YouTubeのMVの再生数が放送後ドンドン上がっていくのを確認していたくらいでした。

 

[Alexandros]に改名したのが2014年、そのあとあたりから「うーん…」と思うようになってしまいました。

もちろん完全に好きじゃなくなったわけではありません。改名後の曲でも、"Adventure"や"Famous Day"といった曲は好きです。ただなんというか、"丸くなっちゃった"という感じがするのです。自分でもうまく説明できないのですが、荒っぽさが無くなった、といった感じです。(個人的な意見です)

 

そんな[ALEXANDROS] (旧[Champagne])の「今日の一曲」はこれです。

 

[ALEXANDROS]

"city"

https://www.youtube.com/watch?v=9diDOTtnneY

 

この曲は正しく「絶対成功してやる」という野心を感じる曲です。

 

「僕は何を言いたいか

やっと理解し始めた

誰のためでもない自分の言葉を悟った」

 

留学をしている身として、これを言えるようになりたいです…。

このバンドを知って、その後いろいろなバンドを知るきっかけとなった、そんな思い出です。(今なお[ALEXANDROS]のファンの方には申し訳ないです…)