窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

孤高の日本人ギタリスト T-cophony ~リラックスが必要な人へ~

音楽単独のブログを開設してから最初のブログになります。

 

今日は知る人ぞ知るといった日本人ギタリスト、T-cophony (ティーコフォニー)という人を紹介していこうと思います。

 

オフィシャルサイトでも本人に関する情報が少なく、本名は分かりません。Wikipediaを見てみると、生まれは1984年らしいので、現在35歳あたりのようです。

 

YouTubeの公式チャンネルでは彼のたくさんの楽曲が公開されています。曲の数としては、おそらく100は超えているでしょう。 

 

彼最大の特徴ともいえるのは、やはりダブルネックギターを一人で弾いているところだと思います。

"Closed"や"Sleepwalker"、"Portrait"といった曲は、ダブルネックギターを用いて演奏されています。

楽器ド素人の僕からすれば、何本指があるんだというぐらい、すべての指を自由自在に操って音を奏でている印象です。

主にアコースティックギターを用いていますが、エレキギターを使用している楽曲もあります。

 

YouTubeチャンネルでは"It's me"というドキュメンタリーが2015年に制作され、公開されています。そこで彼は3歳の時に麻痺を起こし、突然全く動けなくなり、奇跡的に回復したという話がされます。

穏やかで、悲しくて、時には明るい曲を制作する彼の人となりがこのドキュメンタリーからも知ることができます。(音声は全編英語です)

このドキュメンタリーでも彼の楽曲が使用されています。一応、使用された曲を順にリストアップしておきます。(4番目と8番目の曲が何かわからなかったです…)

1. Portrait

2. Closed

3. Gray

4. わかりませんでした…

5.  Continuous rain

6. Closest moon

7. Wet under head

8. わかりませんでした…

9. Integrated

10. Miscanthus

11. Blank

 

とにかく多くの曲がこれまでに制作されているので、「今日の一曲」を選ぶのはなかなか難しかったです。ただ今日はこの曲にしたいと思います。

 

T-cophony

"the season"

https://www.youtube.com/watch?v=DUH1Q-5jqcU

 

不思議なことに、知名度はあまり高くはないと思います。精力的に音楽をアップロードしているものの、YouTubeのチャンネル登録者は6,500人ほどです。もっと知られても良いはずなのに…。

音楽で人の心を豊かにできると僕は思いますが、T-cophonyは正しくそれに当てはまる楽曲を創り出していると思います。

疲れた時、ゆっくりしたいときに彼の曲を聞いてみるのはいかがでしょうか?