窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

とにかく心に刺さった素晴らしい歌詞を創り出したバンド Good Dog Happy Men

活動休止をしているというのもあり、あまり有名なバンドではないかとは思いますが、BURGER NUDSを知っている人はきっと知っていると思います。

 

メンバーの脱退もあり活動休止時点でギター・ボーカルの門田匡陽が一人残る形となりました。彼はBURGER NUDSでも活動していますし、Poet-type.M名義でソロ活動も行っています。

元メンバーにはこれまたBURGER NUDSの内田武瑠(ドラムス)がいます。

 

今日このバンドを紹介したいのはこの曲を紹介したいからというのが強いです。そういうわけで、今日は「今日の一曲」をさっそく出したいと思います。

 

Good Dog Happy Men

"そして列車は行く"

https://www.youtube.com/watch?v=ZXBw5wgutxQ

 

ライブバージョンとCDバージョンでは曲の構成が異なっています。歌詞カードに載っていない歌詞の部分から始まるのがCD、その部分がライブでは途中に入ってきます。

 

ライブバージョンでいう、最初のドラムの「タカタッ、タカタッ、タカタッ」っていうリズムが好きです。

 

明るく、ポジティブな曲。と、少なくとも僕は感じています。

 

歌詞の一部を見てみましょう。

 

「赤錆たHappyEndを笑って切り捨てろ!!!

プリミティブな夢を見るよ

だって人間じゃないか

分の悪い賭けを知ってるかい?

健やかに生きることさ」

 

ここから僕の解釈です。

「赤錆びたHappyEndを笑って切り捨てろ!!!」という部分は、既成で量産的、かつ社会的に使いまわされた「幸せ」で終わらせるな、自分から「幸せ」が何なのか創り出すんだ、という意志が込められているように思えました。

 

「プリミティブな夢を見るよ だって人間じゃないか」の部分。

プリミティブは英語のprimitive、「原始の、太古の」といった意味です。

ここからも生来的な、人間が文明化する前から追い求めたものを表しているのだと思います。

 

それに対して「分の悪い賭けを知ってるかい?健やかに生きることさ」というのは世知辛い世の中を皮肉っているのかなと感じました。

 

歌詞が記載されていない歌詞の部分を聞き取ってみました。(部分的にかなり自信がないです…)

 

「開拓するほど幅がないなら一番手ごわそうな道を行け

絶望なんて不確定要素

気に病むような隙もない

ここで一つ勝負に出るか

持ち札をすべて捨ててなお悪魔が喜ぶ手を打ちたい

アベマリア あなたのターン

イカサマかまそうか

手をたたくだけで (手をたたくだけで)

熱くなることを (熱くなることを)

確かめようか (確かめようか)

勇敢なこと」

 

 

いずれにせよこの部分では「人生に公開しないようにやりたいことに挑戦していけ」という意味が込められているように僕は解釈しており、「やってやろう!」という気持ちで頑張れています。僕にとっての応援歌です。

 

現在オフィシャルサイトが見つけられないため、情報としてはかなり浅いと思いますが、こういう名曲・バンドがYouTubeなどで埋もれてしまわないように今後もいろいろと紹介していければと思います。

 

よろしくお願いします。

 

コメント・要望等お待ちしています。