窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

夢をまさに叶える直前まで来ているバンド アシュラシンドローム

少し時間が空きましたが前回ほのめかしていたバンドについて紹介したいと思います。

その名もアシュラシンドローム

 

2010年に札幌出身の青木亞一人が結成したバンドで、初期は多くのメンバーの脱退があり、バンドとして紆余曲折があったようですが、2012年にギターのNaga、2016年にドラムスのカズマ、2017年にベースのナオキが加入して現在の編成に至っています。

 

さて、タイトルにもある通り、このバンドは、特にフロントマンの青木にとってはまさに今年、目標としてきたことがついに実現しようとしています。

その目標とは何か?

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZOへのバンドとしての出演です。公式としてすでに発表されています。

 

青木自身は札幌出身ということもあり、北海道最大のロックフェスティバルであるこのRISING SUNに参加するのは長年の夢であったようです。

去年残念ながら去年は参加ができなかったものの、去年の8月にはZepp札幌でのライブで成功を収めたことにより、今の状態に至っています。

そんなアシュラシンドロームの「今日の一曲」はコチラ。

 

アシュラシンドローム

"山の男は夢を見た"

https://www.youtube.com/watch?v=OiVcwmJuQ5Q

 

この曲は柏レイソルの応援歌にも使われています。(現在はどうなのでしょうか??)

漢気ある青木の歌声がカッコいいですね。特に説明はいらないです。兎にも角にもまずは聴いてみてください!

 

今年のRISING SUNに行く人はぜひこのバンドをチェックしてみてください。

私も行きたいです…。

 

次回はこのアシュラシンドロームを知るきっかけとなった、このバンドと大変親交のある「あのバンド」について紹介したいと思います。(知っている人は大体予想ができていると思います)