窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

激しいけど平和なバンド 打首獄門同好会

お久しぶりです。

音楽・留学どちらにせよ久々のブログとなりました…。

 

前回のアシュラシンドロームの紹介のブログで気づいた人は気づいたでしょう。

そういうわけで今日は打首獄門同好会というバンドです。

 

知らない人にとっては「なんだこのヤバそうなバンドは」と思う人がいるかもしれませんが、実はかなり生活感あふれるバンドです。(ある意味ヤバいバンドではありますが)

 

私がこのバンドを知ったきっかけというのが水曜どうでしょうなのですが、なんでここで水曜どうでしょうが出てくるのかというと、バンドメンバーの3人(ギター・ボーカル: 大澤敦史、ベース・ボーカル: junko、ドラム・ボーカル: 河本あす香)のうち2人はいわゆる「どうらー」で、楽曲には"88"という四国八十八か所お遍路の旅に完全にリンクしたものもあります。

 

水曜どうでしょうのイベントにも今ではしばしば駆けつけるバンドなので、水曜どうでしょうファンにもすでに知名度があることでしょう。

 

曲は激しめ・ラウドロックなのですが、曲の内容は生活感あふれる平和なものとなっています。「ごはんもの」が多いです。

中でも"日本の米は世界一"が有名だと思いますが、これにより(この曲だけではないかもしれませんが)、農林水産省から「FANバサダー」ロックに任命され、安倍首相に表敬訪問しています。

インターネットで調べればその写真を簡単に見つけられます。

どこへ向かっていくんだ…。なんなんだこのバンドは…。

 

打首獄門同好会YouTubeの公式チャンネルでMVだけでなく「10獄放送局」という企画系のこともやっています。これが面白い。

そこで前回のアシュラシンドロームの回では今回のこのために言えなかったのですが、今年のRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOにアシュラシンドロームが出演するのにはこのバンドも少なからずかかわっているのです。

この2バンドは親交の厚さをこの10獄放送局からも感じさせます。アシュラシンドローム、ボーカルの青木のいじられっぷりったらないです。それに加えて、彼の人の好さも感じられます。

 

さてそんな打首獄門同好会の「今日の1曲」はこの曲にしたいと思います。

 

打首獄門同好会

"はたらきたくない"

https://www.youtube.com/watch?v=GR-mLGV0X1I

 

すでに200万回再生を超えています。

相変わらずの激しめの曲調ですが、MVはアニメになっており、まったりしています。

この激しさとまったりさがこのバンドの特徴です。

 

もう一つ、このバンドに関する驚きの情報といえば、やっぱりベース担当のjunkoが還暦を迎えたということです。それでいてこんなに激しく音楽を続けられるなんて…カッコいいです。

私もそんなエネルギッシュさで還暦を迎えたいです。(まだまだ先の話ですが)

 

パンチのあるバンドです。

止まらないです。