窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

およそ16年の歳月を経て復活 日本のロック界に多大な影響を与えるバンド NUMBER GIRL

今北海道ではRISING SUN ROCK FESTIVALが開かれているということで、この日のためにあるバンドの紹介をしたためていました。

 

それがNUMBER GIRL。2002年に札幌でのライブを最後に解散をしたバンドが約16年の歳月を経て、今年戻ってきました。RISING SUNSUNでのライブはどうだったのでしょうか…?見たかった…。

 

2000年代初頭はもちろん、NUMBER GIRLを知ったのは比較的最近のペーペーな私ですが、今日はNUMBER GIRLの魅力についてできる限り紹介していきたいと思います。

 

 NUMBER GIRLは博多市博多区にて1995年に結成されました。メンバーは向井秀徳 (Vo., Gt.)、田渕ひさ子 (Gt.)、中尾憲太郎45才 (Ba.)、アヒト・イナザワ (Dr.)の4人です。

 

もうこれほどのゴリゴリのロックバンドはサブカルやポップと迎合したような今のロック界にはもう現れないんじゃないかっていうよな伝説的ロックバンドです。

その熱量たるや。

とりあえず黙って聞いてくれ、と言わせてください。

 

2002年に札幌で解散をしたNUMBER GIRLですが、2018年初夏に酔っ払っていた向井が「またヤツらとナンバーガールライジングでヤりてえ」ということから再結成にいたりました。

 

そのNUMBER GIRLの「今日の一曲」は…コチラ

 

NUMBER GIRL

"タッチ"


NUMBER GIRL - タッチ

 

一つに絞るのは本当に難しいです。ほかにも聞く曲すべてがバシッと気合を入れられるかのような熱気を感じます。ゆとり世代・さとり世代へ一撃を食らわせるようなバンドです。

 

余談ですがASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲"N.G.S"はNUMBER GIRL Syndromeの略です。

アジカンはもちろん、きのこ帝国やmudy on the 昨晩The SALOVERS、ニトロデイなど、影響を受けている今日のバンドは多いはずです。

 

復活を遂げたNUMBER GIRLの今後の活動が楽しみでしょうがないです。