窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

今年最後のブログ もう一度紹介したいバンド7選

晦日となりました。今年最後のブログとなります。

予定通り、今年紹介した43バンドの中から7つ、私が厳選してもう一度紹介したいバンドをまとめて紹介したいと思います!

 

基本的には各バンド短い紹介とMVについて書きます。前回のブログ同様、バンド名の順番で書いていきます。

 

madonosotokun.hatenadiary.com

 

1.Helsinki Lambda Club

 

柔らかーいサウンドを創り出す3人組のロックバンド。

初めて聞くとそうでもないかなって思う人も入れません(私もそうでした)が、聞けば聞くほどはまっていくようなバンドです。

今月には新たなCDをリリースしました。

 


Helsinki Lambda Club – Time, Time, Time ミニマルver.(official video)

 

2.mol-74

 

初見の人が絶対読めないバンド名(モルカルマイナスナナジュウヨン)。

このブログで初めて紹介したバンドです。

アイスランドのバンド、Sigur Rósに影響を受けているようで、涙が流れるような、優しさに包まれるような曲が特徴的です。

 


mol-74 - hazel【MV】

 

3.Pelican Fanclub

 

『三原色』という曲がアニメの主題歌になったようで、私のアメリカ人の友人もこのバンドの存在を知っていました。

正統派J-Rockとでもいうのでしょうか?もう少し知名度が上がってもおかしくないんではないかなって思う3ピースバンドです。

 


PELICAN FANCLUB - Night Diver(MV)

 

4.PENs+

 

今年活動を再開した4人組マスロックバンド。

マスロックで、2人ボーカル+シャウトもっていうのはかなり複合された形態なのではないでしょうか?

活動再開を知ったときは一人で盛り上がっていました笑

 


PENs+『透明な箱』MV

 

5.T-cophony

 

リラックスのできる珠玉の曲の数々。

メディアへの登場は少ないものの、海外からも認知されている日本のギタリストです。

珍しくバンドではなくソロ活動をしている人の紹介となりましたが、ストレスを抱えている人たちこそこの人の曲を聴いて浄化されれば、と思います。

 


Equinox - T-cophony (2019)

 

6.teto

 

今年紹介したバンドの中でもイチオシです。

そのアツさたるや圧巻です。ライブとかだともっと本領を発揮するのでしょう。行ったことはないですが…。

ただそんな激しい曲の数々もありつつ、ゆっくりとしたテンポの曲も味があるんです。

 


teto - 夜想曲(MV)

 

7.the cabs

 

いまだに私は彼らの復活を願っています…。

すでに解散してしまった3人組ロックバンドですが、今でも色あせない、初めて曲を聞いた時の衝撃です。

日本初のバンドらしくないあの音とリズムがたまらなく好きです。

 


the cabs"キェルツェの螺旋"

 

 

さて7バンドを急ぎ足で紹介しました。

今年最後のブログ更新となります。読者の皆さんには感謝をしています。にもかかわらず長い期間更新が滞ってしまって申し訳ございませんでした。

 

ご存じの方もいるかもしれませんが、私はドイツの大学院に正規留学をしている大学院生です。

もし留学や海外に興味がある方がいれば私のメインのブログ「窓の外の日記」の方も読んでいただければ幸いです。

 

窓の外の日記

https://madonosotokun.hatenablog.com/

 

それでは今年はありがとうございました。来年もバンド紹介を続けていきますのでよろしくお願いします。

 

良いお年を!まどのそとでした。