窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

きっとこれこそがロック 錯乱前線

コロナウイルスで何かとワチャワチャしている最近ですが、一旦そんな憂いもぶっ飛ばすような音楽を今日は紹介したいと思います。

 

錯乱前線です。

 

東京は武蔵丘高校の同級生で結成された5人組バンドで、メンバーはボーカルの山本、ギターの成田幸駿と森田祐樹、ベースの佐野雄治と、ドラムスのサディスティック天野です。

 

全員なんと1998年生まれ、要はまだ22歳とかなんですね。

 

THE BLUE HEARTSとかザ・タイマーズとかが好きそうなバンド、というか、最近は柔和なロックが増えてきており(悪いとは全く思っていません)、こういったストレートにぶん殴ってくるようなバンドっていうのは少なくなってきているような気もするので、今後の活躍がとにかく楽しみです。

 

そこで今日の一曲はコチラ。

 

錯乱前線

"バカ"


錯乱前戦 - バカ

 

自主制作1stデモ『あっE.P』に収録されています。

現在CDが売られているかわかりませんが、Spotifyでも聞くことができます。

 

ド直球ロック。

初速からぶっ飛ばしてくれるような曲で、歌詞の半分以上が「バカ」です。

ただ、シンプルに彼らを知るのには最高の一曲です。

 

今月頭には彼ら初の全国流通版アルバム『あれは錯乱前線だ!!』が発売され、YouTubeにはその収録曲"タクシーマン"のMVがアップされました。

 

頭空っぽにして彼らの音楽に没頭すればいいと思います。

これはきっとここからどんどん伸びていくバンドでしょう!