窓の外の音楽

「まどのそと」です。とにかく自分の好きな音楽について広く浅く書いています。留学に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenablog.com

こんなご時世だって「先のことはどうにかなるさ」 arigarnon friends

Twitterを開設してから初のバンド紹介となります。

 

今日紹介するのはarigarnon friends(アリガーノンフレンズ)です!

 

 

このバンドは、メンバーのアリガマオ(ボーカル・ギター)がPENs+の活動休止期間中に立ち上げたバンドです。

 

(PENs+のバンド紹介も以前書きましたのでそちらの方もぜひ)

madonosotokun.hatenadiary.com

 

 

メンバーはその他にギターのイノユウジ、ベースの加藤銀弥、ドラムスのさとうしょうがいます。

(ドラムスのさとうは現在PENs+でも活動しています)

 

 

バンド名の由来はボーカルのアリガ、アメリカのバンド、Algernon Cadwallader(、ダニエル・キイスの『アルジャーノンに花束を(Flowers for Algernon)』も?)が由来になっています。

 

 

2016年に結成され、その年に1st EP『Boy to Man』を発表しました。

 

 

明るい、そして聞いていて楽しいです。

 

PENs+同様アリガのタッピング(っていう言い方であってますか?)は健在です。

 

 

何かと今年に入って新型コロナウイルスのせいで良くないニュースばかりですが、今日紹介する一曲はそれに負けないようなものです。

 

arigarnon friends

"Green Grass"


Arigarnon Friends - "Green Grass"

 

 

上で紹介した『Boy to Man』で最後、4番目の曲となっています。

この曲で締めくくるということで、作品を希望にあふれた、そんな感じがしました。

 

曲は5分弱ありますが、歌詞はいたってシンプル。メロディーが大好きです。

 

そんな曲の途中で「僕らはいつも不安だけど先のことはどうにかなるさ」という歌詞があります。

何か今の暗い世界に対するメッセージというか、ポジティブな気持ちにさせてくれます。

リリース日は3年以上前なので直接関係はないのですが、それでもどんな暗いときにも希望が持てる曲です。

 

他3曲も良い曲なのでぜひ聞いてみてください!(SpotifyYouTubeで聞けます)

 

新しくCDがリリースされないかなと楽しみにしているバンドです。

ありがとうございました。